あなぐらのなかにいる

感情のことをつらつら話します

だらだらryoさんの曲が好きだという話する

タイトル考えた結果ニコ生でよくありそうな放送名になってしまった穴倉ですこんにちわ。

自分の感情を掘り下げることしかあまり興味がないので中学校くらいの頃supercellにドハマリしてたって話をします。自分大好き記事だけど、よそに見せてもお見苦しくない内容にするようには努めるから、うん。

まず、中学校の頃は、面白いコンテンツを片っ端から追っかけるミーハーでした。ミーハーかはさておき、前半の部分は今も変わってないと思います。

当時の流行って言ったらそりゃボカロでして。盛り上がりに乗りながら追いかけたけど、結局の所両手両足の指で足りる曲数しか聞いてないような気もします。

それでも、supercellになってからもryoさんの曲はずっと追いかけてました。

なんでって言われたら、「(多分)男性が書いているのにとても女性的な作詞」だったからに他ありません。

中学の坊やの感性では「切ない話を作るのは女性の感性の特権である」なんてパラダイムを抱いてしまったからであって、そのため尚更のめりこんだんだと思います。

いや「メルト」もそうだけど、「君の知らない物語」や「初めての恋が終わる時」とか聞いていると、こんなに女性的な女性視点を描けるもんなん?とずっと不思議でした。

「どうしたい? 言ってごらん 心の声がする」「どうして 出会ってしまったんだろう」とか、自分の恋心に問いかける、訴えてくるから、尚更聴いている人の恋愛観を強く刺激するのでしょうか。

その点では、あまり表に出ない曲だけど、NARUTOのED、「うたたか花火」は失恋曲として最高に完成されていたんですよね。

思い出を振り返るAパート。その二番。二人並んで花火を眺める。それは季節を移り替わっていく予兆でもあり、幸せの絶頂にあるという証明でもあり。そんな実感を噛み締めながらキスをして――

「もう忘れよう 君のこと全部」

すべて過去の夢の中だと無理矢理言い聞かせるような、痛ましいサビ。いや最高ですので聞いてください。(いい意味で)実に聞くに堪えない曲です。

そんで感動を受けやすい穴倉くんは「ワイも切ない話もっと見てみたい!書いてみたい!」とか思い始める訳ですね。いやあ青い青い。しかし本能的である羨望に導かれるまま少女漫画軽く手を出したり、Key作品に涙したり。今ではエモーショナルな女と女の関係性を渇望する百合厨です。書き手の面としては、痛い落書きを積み重ね、やっとPixivとはいえ第一歩を踏み出しました。黒歴史を延々と生み出していた中学の自分から見れば拍手ものでしょう。えらいぞ。

こんな感じで自分の好きな物を思い出すのって割と大事っていうかすぐ忘れてしまうんですよ。五年くらい前の曲を聴くと、「なんで自分はこんなにドハマリしてたんだっけ?」とかよくある話なので。それに答えを改めて出すのって、割と面白いんですよ。卒業ファイル捲るような感じなんでしょうかね。なので定期的に思い出していきたいですよね。

おわり。

 

今でもsupercellの「ヒーロー」は怖くて聞けません。痛さを青さを詰め込んだ歌詞に、恥ずかしさで猛烈にどこかに逃げ出したい気持ちになるので。屈指の名曲なんですけどね。特定の層が死ぬ。特にワイ。