読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなぐらのなかにいる

感情のことをつらつら話します

「同居人の美少女がレズビアンだった件」を読んで、自分の幸福って何よって考えた話

 最近、この本を読みました。

同居人の美少女がレズビアンだった件。 (コミックエッセイの森)

同居人の美少女がレズビアンだった件。 (コミックエッセイの森)

 

 レズビアンという性に関わる、様々な出来事を、著者である小池みきさんの視点を通じて描いていく話だ。

絵がデフォルメこそされているが、レズビアンであること、LGBTにまつわる法制度のこと、そして、牧村さん自身が抱える悩みはずっと続いてきたものであり、深刻なものだった。「牧村さんと森ガめっちゃ綺麗だな~」「みきさんがまきむぅ羨む気持ちわかるわ~」なんて漫画として楽しみながらも、自分の中で考えが大きく変わっていくのを、感じた一冊だった。

 

 

他の人が幸せになっている、そんな光景が好きだ。

関心を持つ人の幸福ほど喜ばしいものはなく、いつかは自分も幸せになりたいと思えるからだ。

それ故に、私は既婚スレッドの馴れ初め話を読み漁ったり、エッセイにも目を通したりしている。

紆余曲折して、悩んで、パートナー二人で辿り着いた答えを知り、感傷に耽る。

その感情自体は悪くないのだろう。けれど、根本的に、己の深い部分が、何か解消されないままでいた。

そんな中、前から気になっていたこの本をようやく手に取ることが出来た。そして、読み終えた時には、すとんと憑き物が落ちたような気分だった。

この話は、『「レズビアン」である以前に、「牧村朝子」だった!』 という話だ。つまり、自分をカテゴライズすることをやめたのだ。

この本であれば、牧村朝子さんと森ガールだから結ばれたことであり、レズビアンだから結ばれた、とは違う。

 

繰り返しになるが、僕は、遠目から人の幸福を見ては、「自分も同じようになりたい」と思っていた。きっと、恋愛をしている人は、自分に無い素敵なものを持っていて、きっとその自分に無いものを手にすることが出来れば、幸せになれるのだろう、と。

けど、それは不可能なのだ。そもそも、恋愛というのは、お互いの個性、人格を理解し合って成立するのだから。カップルが手にした幸福は、そのカップルだけの、唯一無二のもの。自分は恋愛なんてしたことがない! 彼女が居る人が羨ましい! 羨ましい! とただ我が身を省みず、周りを見て嘆くだけでは、そりゃ寄る幸福も寄ってこないというものだ。

結局のところ、僕には僕という人間と、知り得た人との繋がりの中でしか恋愛が出来ないのだ。「あの人みたいに」……なんてことはあくまで憧れの中でしかない。

牧村さんがそうであったように、この先、自分という一人の人間を受け入れ、自分が何者であるか向き合う必要があるのだろう。「オタクだから」、「人見知りだから」という意識を捨てて。でないと、目の前の人物にすら誠実に向き合えないはずだから。

 

なんというか、書けば書くほど自分の考えの未熟さと文の稚拙さを思い知っている最中ですが、それも一つの経験だと思い、公開します。この本から元気と勇気を貰ったということも書き留めておきたかったので。

また読み返した時、「そんなこともあったなぁ」と未来の自分がもう少し前に進んでいることを期待します。

 

文庫化された、相沢沙呼「雨の降る日は学校に行かない」を読んでほしいという話

自分の死ぬほど大好きな本が、文庫化されました。

 

 

思春期特有の、人間関係の悩みにぶち当たっていく少女たちを描いた短編集。作者はミステリー作家だからなのか、最後まで読んでみるとちょっとした仕掛けがあったり。

四六判時代から何度も読み返している作品なので、書いてる今でも心が躍っています。めでたい。

さて、これを友達に薦めるとなると当然、飛んでくる質問があります。

 

「どんな話なの?」

 

……えっと、保健室登校する子の話とか、死にたいって気持ちをノートに書き続ける子の話とか、自撮りしてる子の話とか、学校に息苦しさを感じている女子高生の話……

 

なんて言ったら渋い顔をされて牽制されます。自然な反応だと思います。けど大筋としてはこんな話なので、下手に脚色して話してもしょうがないし。

 

――いや、でも、でもさ、読んでよ!!! この作品を!!! 面白いから!!! 言うほど重くないから!!!

 

というリピドーが爆発したので、あの頃上手く薦められなかった自分への戒めも込めて、「雨の降る日は学校に行かない」を今一度推していきます。

 

 

前述の通りこの作品は、何かしらの生き辛さ、コンプレックスを抱きながら学校生活を送る女子高生の話です。

もはや差別的スクールカーストの縮図はあるし、人と話すのがどうしようもなく苦手な子もいるし、自撮りすれば暴言を吐かれる話もあるし、既読無視した結果いじめを受けている子の話もあります。

今ではニュースやネットで散見する、何とも生々しい出来事ばかりであり、読めば読むほど否応なしに心が抉られていきます。思春期の闇を体験してきた人間なら尚更です。

ですが肝心なのは、そんな学校に溢れる問題に対して、主人公が劇的成長をして乗り越えていくとか、いじめに立ち向かい問題解決するとか、そういう話ではないです。

自分の弱さと向き合い、受け入れていく。とても純粋で、泥臭い話です。

家族に特別問題がある訳ではない。けれど自分が周りに馴染めず、どうしようもない人間だと自覚して、けれど決して自分のことを助けてくれる王子様がいる訳でもなくて。胸に秘めた気持ちを打ち明ける相手も居ない。だから息苦しい。

そんな境遇の中で辛くて吐きそうでも、泣きそうでも、自分の足で第一歩を踏み出す話です。

例えばそれは、保健室の外の世界に目を向けることだったり、カップルだとからかわれた異性の友達との付き合い方だったり、教師からもクラスメイトからも"普通じゃない"と排他された中で学校に行く意義についてだったり、様々です。

 

「コンプレックスのない女の子なんて、いない。」

 

四六判の帯で書かれている坂本真綾さんのコメントですが、この一言に尽きると思います。女子だけでなく、男子も同様に。

自分の中にモヤモヤした学校観があるなら、人の目の色を伺いながら生きていた経験があるなら、ぜひ読んでみてください。

文庫だから!!!買い求めやすいから!!!

日記

×活で私のライフはもうゼロよ! 穴倉です。
というわけで心身共に疲れていたので、先日、旧友たちと食事をしてきました。
旧友たちは絵に描いたようなスペック高いリア充組なので、話は上手いし楽しかったです。日陰でゆるゆる育つもやしみたいな私としては、「やめろぉ! 光をこちらに向けるなぁ!」と嘆きたくもなりました。なんでこの集団の中にいるんだろう俺……。

いや凄いですね。リア充って。
彼女居る+長年の付き合いを経験している+就職先は決まっている
とかドラ乗りまくった倍満直撃すると、聖闘士星矢よろしく天高く吹き飛ぶしかないです。なんなんだ、そのよく出来た人間のステータスは。
×活とか彼女見つけるとか勉強とか、今半泣きになりながら頑張っているステップを、優秀なリア充氏は既に通過しているわけです。本当に同じ時間を生きてきた人間かと疑いたくなりますよね。つらい。

凄いのは、異性の話を平気でできることです。彼女の話やら最近魅力的だった人の話やら、仕事の話のついでのように自然にポロポロ出てきます。後ろめたさもないです。本当に同じ時間を(以下略)

そんな感じでリア充のエッセンスを1ミリでも吸収できたらと談笑してました。まる。
なんでしょうね。リア充って。どうしたらなれるんでしょうね。ゲームも何も投げ捨てればリア充になれるんでしょうか。なれないですね。
結局は目の前のタスクに全力になるしか、やれることはないんですよね。
おわり。

入間一間 「少女妄想中。」は実際百合だった

巷に聞く百合短編集である

入間人間 少女妄想中。

 

少女妄想中。 (メディアワークス文庫)

少女妄想中。 (メディアワークス文庫)

 

 

を読みました。


百合でした。ええ。
表紙が百合業界に大旋風を巻き起こしている仲谷鳩先生なことにつられてホイホイ買ってしまったのですが、実際百合でした。

しかしなんと言いますか、百合姫作品のようにはっきりと「「百合」」と主張するような空気はなく、振り返ると百合だった、そんな風に感じた話でした、
百合百合言いすぎて何を指しているのかはっきり分からなくなりそうですね。

一言で言います。

 

女と女の感情しかない

 

これです。

百合姫、つぼみ作品のような目線で見ようとして、真っ先に違和感を感じたのはここです。

基本、物語っていうのは、連続した日常の切り取りでできていると思います。
社会人百合だったら、日々の業務に追われる中で、学生百合だったら、学生生活の中で。
俗世という川の中できらりと光る「何か」。それを見つける「過程」「瞬間」を切り取ったもの。365日の中における1日。そういう風に出来ています。

でも、少女妄想中。は少し違いました。

 

例えば、冒頭の作品である「ガールズ・オン・ザ・ラン」。

最高速で走った瞬間のみ現れる「彼女」に、なんとかして追いつこうとする話。
幼少期に出会い、そこからずっと、たとえ社会人になっても追いかけるのですが、本当に「彼女」を追いかけることしか主人公の頭にはありません。部活に入ろうが、どこかに入社しようが、「彼女」会うことしか考えてません。ただ走り続けます。

クラス内ヒエラルキー、部活をする意義、モラトリアム、会社における立ち位置、果てには自分の感情を共有する第三者――友人さえも、この物語を構成する上で、必要とされていません。


一人の女と、その子が意識している女。
この二つのみで世界が出来上がっています。


1日の中の1日、10日の中の10日、彼女に対する感情以外の人間的要素はきれいに切り離されているのです。

ただ、なんとなく、気になる。頭から離れない。行き先の分からないあやふやな感情を抱きながら、何ページも話は綴られていく。何とも不思議な感覚でした。

 

最近の百合作品でスポットが当たる、女が女に対する"""強い感情"""。

その真逆を行く、萌芽がゆるゆると伸びていくような、ごくちいさな感情。

「これ百合か……? 百合か……百合……うん、百合!」

少女妄想中。はそんなふわっとした話でした。

 

無限に広がる百合作品の、新たな一面をかいま見たように思えます。

穏やかな生活を望む穏健派百合厨も、熾烈な関係性を求める過激派百合厨も、ぜひ読んでみてください。

だらだらryoさんの曲が好きだという話する

タイトル考えた結果ニコ生でよくありそうな放送名になってしまった穴倉ですこんにちわ。

自分の感情を掘り下げることしかあまり興味がないので中学校くらいの頃supercellにドハマリしてたって話をします。自分大好き記事だけど、よそに見せてもお見苦しくない内容にするようには努めるから、うん。

まず、中学校の頃は、面白いコンテンツを片っ端から追っかけるミーハーでした。ミーハーかはさておき、前半の部分は今も変わってないと思います。

当時の流行って言ったらそりゃボカロでして。盛り上がりに乗りながら追いかけたけど、結局の所両手両足の指で足りる曲数しか聞いてないような気もします。

それでも、supercellになってからもryoさんの曲はずっと追いかけてました。

なんでって言われたら、「(多分)男性が書いているのにとても女性的な作詞」だったからに他ありません。

中学の坊やの感性では「切ない話を作るのは女性の感性の特権である」なんてパラダイムを抱いてしまったからであって、そのため尚更のめりこんだんだと思います。

いや「メルト」もそうだけど、「君の知らない物語」や「初めての恋が終わる時」とか聞いていると、こんなに女性的な女性視点を描けるもんなん?とずっと不思議でした。

「どうしたい? 言ってごらん 心の声がする」「どうして 出会ってしまったんだろう」とか、自分の恋心に問いかける、訴えてくるから、尚更聴いている人の恋愛観を強く刺激するのでしょうか。

その点では、あまり表に出ない曲だけど、NARUTOのED、「うたたか花火」は失恋曲として最高に完成されていたんですよね。

思い出を振り返るAパート。その二番。二人並んで花火を眺める。それは季節を移り替わっていく予兆でもあり、幸せの絶頂にあるという証明でもあり。そんな実感を噛み締めながらキスをして――

「もう忘れよう 君のこと全部」

すべて過去の夢の中だと無理矢理言い聞かせるような、痛ましいサビ。いや最高ですので聞いてください。(いい意味で)実に聞くに堪えない曲です。

そんで感動を受けやすい穴倉くんは「ワイも切ない話もっと見てみたい!書いてみたい!」とか思い始める訳ですね。いやあ青い青い。しかし本能的である羨望に導かれるまま少女漫画軽く手を出したり、Key作品に涙したり。今ではエモーショナルな女と女の関係性を渇望する百合厨です。書き手の面としては、痛い落書きを積み重ね、やっとPixivとはいえ第一歩を踏み出しました。黒歴史を延々と生み出していた中学の自分から見れば拍手ものでしょう。えらいぞ。

こんな感じで自分の好きな物を思い出すのって割と大事っていうかすぐ忘れてしまうんですよ。五年くらい前の曲を聴くと、「なんで自分はこんなにドハマリしてたんだっけ?」とかよくある話なので。それに答えを改めて出すのって、割と面白いんですよ。卒業ファイル捲るような感じなんでしょうかね。なので定期的に思い出していきたいですよね。

おわり。

 

今でもsupercellの「ヒーロー」は怖くて聞けません。痛さを青さを詰め込んだ歌詞に、恥ずかしさで猛烈にどこかに逃げ出したい気持ちになるので。屈指の名曲なんですけどね。特定の層が死ぬ。特にワイ。

ガチャ日記 狂化EX

テレビやネットで人気の健康法を試していくと実際に体調良くなるけど何か人としての矜持を代償として失っている気がする今日この頃。穴倉です。

さっきまでデレステでガチャをしてきました。いっぱい回しました。はい、その話です。うーんもうブラウザバック推奨感!

今回感じたことで問題だったのはガチャの勝ち負けとかそういう問題ではないんです。実際、勝てば嫌味になるし負ければ負け犬の遠吠えな訳で。

ともかく、ガチャを回す理由、内的動機についてです。

今日ガチャを回す1週間前、自分は「当分大きな課金はせんでもええなー」とか思っていました。ガチャ更新が来ても、予算の範囲内、無(理のない)課金で収めよう、そうゆるーく思っていました。

それも、一瞬の誓いでした。

三船美優の限定ガチャ更新、イラストを見た途端、頭の中で何かが弾けました。脳の回路がバチンとショートするような感覚に陥り、

「まずは×万(予算の三倍)。それでも出なければ倍プッシュ」

なんて思考が脳裏で展開されていました。本当に自分の人格かと疑うほどに。

個人差にもよるけれど、課金をする人種であり、尚且つキャラに人一倍思い入れがあるなら、このような状態になってしまうんだろうなーと思い返す次第です。

あの脳がショートした感覚は実に凄かった。理性が吹き飛んでた。手帳の残高確認してセーフティライン設定して、結局倍プッシュで夜中なのに車走らせてカード買いに行って。人間の欲ってコワイネ。

正気に返り「もう二度と課金なんてしない……」なんて大の字になりながら誓ったりもしたのですが、正直結局誓いを守れる自信がないです。心の中の獣がこんにちわすれば終わりですもの。

結局のところ、(当分下手な買い物は出来なくなるのですが)賭けた金額自体に悔いはないです。自分の中で落としどころをちゃんと付けてガチャはすべきだということを身をもって実感した話でした。これからもなるべく健全にPを務めていきます。おしまい。

新海誠作品への感情を思い出せ

はいタイマースタート。再びエントリこんにちわ、穴倉です。

さてこんなものが目に入ったのでせっかくだからこれについて話そうと思います。

nlab.itmedia.co.jp

 

新海誠作品がテレビで配信されるらしいですね。言の葉と秒速はいいぞ。心が洗われる。そして秒速で荒む。

話題になった監督の名作映画がテレビで再放送されるのは良いことなんですが、時代というのはなかなか寛容ではないもので。頭ごなしにDisる人も相当数居ると思います。ブームが去ってしまえば、熱しやすく冷めやすい現代ですものね。同時期のシン・ゴジラはどうだったんでしょう、あまり耳にしませんでしたが。人の集まったコンテンツ程、評価が0か100と極端に分かれる気がします。

ともあれ、だからこそ言いたいのですが、「お前は何が気に入らなかったのか、少しでも面白かった部分は無いのか」ってことですよ。

僕で言うなら、「新海の視聴者をモヤモヤさせる演出は毎回死ぬほど気に入らないが、映像美とカタルシスは好きなので面白いか否かと言われたら面白い」です。めんどくさいオタクですね。

なんかこう、時間が経つにつれて作品の記憶が薄れるし、比例するように評論家気取りが得意げにDisを始めるので「そうだったっけ」なんてうっかりすると流されそうになるし、ブームの下り坂程げんなりするものはないですよね。

だからこそ作品に対する感情の軸を持って生きていきたいよなと思った夜でした。

君の名は。が気に入ったそこの君!秒速は見とけ!そしてもう一度君の名は。のラストを見ろ!得もしれぬ感情が沸き起こるぞ!

言の葉の庭も見とけ!そして書籍版見ろ!美しい文からパンチの効いた裏話が沢山だ!

おおうタイマーが来てしまった、終わり!